米国個人投資家の声 | Capital Group

LONG-TERM INVESTING

米国個人投資家の声

ファイナンシャル・アドバイザーの助言による、アメリカン・ファンズへの長期継続投資でかなえた投資成功例のご紹介


Videostill - Investing for the Future in a Lifetime of Change

パトリシア・ヘルナンデス-エーデルシュタインさんは、ロー・スクール卒業後、父親のアドバイスに従い、ファイナンシャル・アドバイザーの助言を受けて将来への投資を始めました。

出産を機に、教育資金支援制度(529プラン)のもと投資を始め、弁護士事務所の開設時には、社員向け退職金制度(SEPプラン)を立ち上げています。

勤務先で営業研修を担当するドワイト・エドワーズさんは、人とのつながりをとても大切にしています。ファイナンシャル・アドバイザーとの「アドバイザーと顧客」以上の関係を通じ、影響力のあるプロのスピーカーになる夢を追いかけながら、将来へ備える方法を学びました。

ジョ・アン・バトードさんは、所属する弁護士事務所の女性パートナー第一号となり、地域や母校への支援にも深く係わっています。アメリカン・ファンズへの30年以上にわたる規律ある投資が、公私共に豊かな人生を支えています。

 

デイブ・スワーツ氏は、若い頃から資産形成に取り組み、努力してビジネス・オーナーになるという夢をかなえました。
現在は、ファイナンシャル・アドバイザーのサポートのもと、社員の資産形成をサポートする制度を運営しています。

アメリカン・ファンズに37年間積立投資を続け、退職後の夢をかなえたジョイス・キムラさんのストーリーをご紹介します。

レイノルズ夫妻が、退職後に向け、長期投資の視点を変えずにいられたのは、ファイナンシャル・アドバイザーのおかげだったと語っています。

歯科医のマイク・テイバー氏は、20年にわたり自ら投資を行っていましたが、ファイナンシャル・アドバイザーの助言を高く評価するようになりました。