キャピタル・システム

より良い運用を目指して

キャピタル・システムは、確信度の高い個々の投資判断と、異なる様々な洞察を融合するキャピタル独自の運用手法です。長期的な運用実績の実現を可能にし、お客様の目標達成を長年にわたりお手伝いしてきました

キャピタル・システムの概要

多様な視点をあわせ持つポートフォリオ

Multiple Manager structure

マルチマネジャー・システム

ポートフォリオを分割し、それぞれを異なるポートフォリオ・マネジャーが運用します。各ポートフォリオ・マネジャーの経歴や運用スタイル、投資アプローチに多様性が確保されるよう慎重に運用チームが編成されます。大抵の場合、運用担当者は自らが運用するポートフォリオに個人資金を投じています。


高い確信度を反映したポートフォリオ

個々の投資アイデアを積極的に取り込む

ポートフォリオ・マネジャーは協働し積極的に意見交換を行う一方で、投資判断においては自身の最も高い確信に基づき各自の裁量で行います。結果として構築されるポートフォリオは、多様性を持つ投資アイデアの集合体となり、単一の運用者によるものとは大きく異なってきます。このアプローチにより、さまざまな市場環境を上手く乗り越えることのできるポートフォリオとなることが期待されます。


運用の礎をなすファンダメンタルズ調査

リサーチが主導する運用

2019年の一年間でキャピタルのアナリストが実施した企業との面談は12,000回を超えました。調査企業の本社はもとより、工場や関連施設への訪問は、企業に対する理解を深め、投資判断を支える礎となっています。


銘柄推奨を超えた責務を担うアナリスト

「リサーチ・ポートフォリオ」

一般的に、アナリストの役割は銘柄推奨にとどまりますが、キャピタルではポートフォリオの一部がアナリストに割り当てられます。アナリストは自身の最も高い確信度に基づき実際に投資を行う責務も担います。このアナリストによる投資部分は「リサーチ・ポートフォリオ」呼ばれ、ほとんどの運用戦略に設けられています。


運用の継続性と運用プロセスの再現性を担保

Time tested

歴史が証す有効性

キャピタルは、独自のマルチマネジャー・システムにより長期的な投資目標を持つお客様のサポートに尽力し、また、短期的な市場の変動と、経済や市場の不透明な局面にも対応してきました。


長期投資の成功のためにデザインされたシステム

お客様の目標に寄り添う

長期投資はお客様の投資目標に沿ったものであるべきという強い自負があります。キャピタルの企業文化や報酬体系のあり方は、徹底したリサーチに基づく長期投資の実践を強化し、より優位な運用実績のご提供を後押ししています。

多様性の力

すべてのアイデアを結集

キャピタル・システムが構築するポートフォリオには、複数の異なる視点が結集されます。この多様性により、ポートフォリオがさまざまな市場環境に耐えうる力を備えることが期待されます