Capital IdeasTM

Investment insights from Capital Group

Categories
機関投資家の皆様へ
幅広い資産クラスへ投資するグローバルハイインカム債券運用
ロバート・ ニートハート
債券ポートフォリオ・マネジャー

世界中でインフレが高進し、多くの中央銀行が利上げに乗り出しています。一方で、主要国の債券利回りは世界金融危機前の水準と比べると多くの場合低位にとどまっています。そのため、債券投資家にとってこの10年間はインカム追求が課題となってきました。


本稿では、弊社グループのグローバルハイインカム債券運用 (GHIO、当運用) のポートフォリオ・マネジャー兼運用統括責任者 (PIO) であるロバート・ニートハートが、エマージング債券やハイイールド社債をひとつの投資ユニバースとする先駆的なアプローチにより、継続的に高いインカムを獲得することを目指す当運用について紹介します。


戦略立案の背景:エマージング債券とハイイールド社債に投資するという革新的なアプローチ


グローバルハイインカム債券運用は、1998年5月末に運用が開始されました。多くの場合別々に運用されることが多い、異なる市場セグメントや地域に関する投資アイデアには、実は共通の特性があることに着目したのです。


GHIOは元来、ハイイールド社債とエマージング債券の2つの資産クラスに重点を置いていました。エマージング債券の投資判断に必要な調査項目は、ハイイールド社債の項目と共通点が多くありました。これは、マクロ経済環境の変化に対して両資産が似たような反応を示すことが多いためです。


各資産クラスの市場規模の拡大にともない、当運用も進化してきました。GHIOはハイイールド社債や現地通貨建ておよび先進国通貨建てエマージング債券、エマージング社債といった高利回りの資産クラスを主たる投資対象としています。


グローバルハイインカムへのアクセスを提唱する運用戦略は、ハイイールド社債のみに注目している場合が多々あります。エマージング債券とハイイールド社債という幅広いユニバースに投資機会を見出す点が、GHIOに独自の特徴であると考えています。



ロバート・ニートハート 債券ポートフォリオ・マネジャー。キャピタル・ストラテジー・リサーチ・インク会長であり、フィクスト・インカム・マネジメント・コミッティの一員。エマージング債券、グローバルハイインカム債券ポートフォリオの運用を担当。経験年数34 年。CFA 協会認定証券アナリスト。全米企業エコノミスト協会 (NABE) 会員。