Capital IdeasTM

Investment insights from Capital Group

Categories
機関投資家の皆様へ
グローバルハイインカム債券運用:投資機会とSFDR対応について
ロバート・ ニートハート
債券ポートフォリオ・マネジャー

ハイイールド債券やエマージング債券の利回りが歴史的な高水準にある中、債券ポートフォリオ・マネジャーのロバート・ニートハートが、今日の市場における主要なリスクと投資機会、グローバルハイインカム債券運用 (GHIO) で導入されたカーボン・フットプリント*1 目標について解説します。


現在の市場におけるリスクと投資機会について教えてください


企業業績は堅調で、経済指標の多くは改善しています。しかし、金融環境のタイト化が実体経済にどう影響を及ぼすかという点が重大なリスクであると考えています。


FRB (米連邦準備制度理事会) やECB (欧州中央銀行) をはじめ世界各国の中央銀行がインフレ抑制のために金融引き締め政策を進めています。通常このような対応は景気減速へとつながりますが、景気後退にまで至るのか、それとも高金利・低成長という状態が定着するのかは今のところ不透明です。


市場は先を見越してこうしたリスクを既にかなり織り込んでいるため、投資機会が生じている可能性があります。債券利回りは高い水準にあり、これは中央銀行の積極的な金融引き締め政策や経済活動に関わるリスクの大部分が既に債券価格に織り込まれたことを意味していると考えます。


エマージング債券の利回りは約7%から8%の水準にあります。格付やセクターによって異なりますが、ハイイールド債券の利回りは8%から9%の水準となっています。すなわち、今後債券価格が下落したとしてもそれを補うためのクッションがあると言えます。過去のデータに基づけば、直近の利回り水準であれば今後3年から5年の間のトータルリターンが非常に高くなる可能性があります。


最低利回りの推移

過去の実績は将来の成果を保証するものではありません。

2022年6月末現在。

ハイイールド債券はBloomberg US Corp High Yield 2% Issuer Cap Total Return Index、先進国通貨建てエマージング・ソブリン債はJPM EMBI Global、現地通貨建てエマージング・ソブリン債はJPM GBI-EM Global Diversified、エマージング社債はJPM CEMBI Broad Diversifiedを使用。

出所:ブルームバーグ、キャピタル・グループ

1. カーボン・フットプリント:商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2 (二酸化炭素) に換算し、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組み



ロバート・ニートハート 債券ポートフォリオ・マネジャー。キャピタル・ストラテジー・リサーチ・インク会長であり、フィクスト・インカム・マネジメント・コミッティの一員。エマージング債券、グローバルハイインカム債券ポートフォリオの運用を担当。経験年数34 年。CFA 協会認定証券アナリスト。全米企業エコノミスト協会 (NABE) 会員。


関連情報