Capital IdeasTM

Investment insights from Capital Group

Categories
Outlook
2022年に向けて

2020 年の市場の急落は、コロナ禍を要因とした短期的なものでした。その後の力強い上昇は、そのけん引役がコロナ前の銘柄群と基本的に同様であり、過去10 年の上昇相場が継続したものと考えることができます。株価上昇が比較的大きかったのは少数の企業に集中しており、そのほとんどが米国を拠点とするインターネット関連企業でした。米国以外でも、株価が上昇したのはテクノロジー関連企業が中心であり、電子商取引、クラウドコンピューティング、インタラクティブメディアの成長による強力な追い風を同様に受けています。


パンデミック前のトレンドは継続しているため、長期にわたる強気相場の最終局面に特有のリスクには注意する必要があります。特に、足元のインフレとデフレの綱引きは、今後数年間の市場の行方を左右する可能性があります。当面の市場を展望するうえで前提として考慮すべき点としては、世界の経済成長が特に中国で減速していること、中央銀行による金融緩和の段階的縮小が開始されたこと、バリュエーションが株式、債券、不動産いずれにおいても全般的に高止まりしていることが挙げられます。


ただ、こうした厳しい投資環境であっても、ボトムアップによるファンダメンタルズ調査に基づく選別投資に適した環境であることについて弊社グループは楽観的な見方をしています。世界各拠点の株式・債券アナリストは、多くの興味深い投資機会を新たに発掘しています。さらに、投資ホライズンが長期にわたることは、市場の混乱に乗じて、優良な成長企業に割安に投資できる機会を得ることを意味します。こうした考えを念頭において、2022 年の展望を共有いただければ幸いです。


マクロ経済見通し


2022年も力強い成長が継続するが成長率は低下


米国と欧州の経済は2022年も堅調に成長する見込み


「米国経済の成長率は、2.5~3.0%と堅調になるとみられますが、新型コロナウイルスの変異株の感染拡大、景気刺激策の縮小、インフレなどが逆風になるとみています」とエコノミストのダレル・スぺンスは述べています。「ユーロ圏は出遅れてはいますが、コロナ禍からの回復は力強く、欧州主要国は4.0 ~5.0%のレンジで成長が加速する可能性があります」と欧州担当エコノミストのロバート・リンドは述べています。


中国経済の減速が鮮明に


アジア担当エコノミストのスティーブン・グリーンは、次のように指摘します。「難局に備える必要があります。中国経済は減速し、不動産セクターでは信用が収縮しています。GDP成長率は、IMF予想の5.6%を相当程度下回ると予想しています。」


インフレ率の高止まりは想定以上に長引く可能性あり


インフレ率は、労働力不足とサプライチェーンの混乱によって、2022年終盤まで高止まりする可能性が高いとみています。「インフレ率はいずれ通常の水準に戻るでしょうが、そのプロセスは、FRB の想定よりも長期化する可能性があります」と債券ポートフォリオ・マネジャーのリッチー・トゥアソンは述べています。