Capital IdeasSM

Investment insights from Capital Group

Categories
機関投資家の皆様へ
新型コロナウイルス:経済と市場へのインパクト
キーポイント:
  • 新型コロナウイルスの世界的感染拡大や、最近の原油価格の急落を背景に、株式市場はいわゆる弱気相場に入り、債券利回りは史上最低水準に達しました
  •  新型コロナウイルスは新たな脅威ではありますが、市場のボラティリティ上昇は新しいものではありません。市場は、過去にも世界的な感染症拡大を乗り越えてきた歴史があります
  • 現在の市場環境を冷静に見つめ、長期の投資目標を維持継続することが長期投資で成功する鍵と言えます

新型コロナウイルス (COVID-19) の発生が2019年後半に中国で特定されて以来、問題は、一経済大国のサプライチェーンから、グローバル経済と株式市場の問題へと変化してきました。経済成長見通しは大きく下方修正され、世界の株式市場は年初来約 20% 下落しました。本稿では、弊社グループが現状の問題と、その世界経済、市場へのインパクトについてどう展望しているか、そして、ポートフォリオへの影響をいかに和らげる方策をとっているかについて説明します。