Capital IdeasSM

Investment insights from Capital Group

Categories
機関投資家の皆様へ
グローバル債券市場における5つの着眼点
アンドリュー・コーマック
債券ポートフォリオ・マネ ジャー
キーポイント
  • 米国債は、イールドカーブの一部がマイナス圏に定着している欧州や日本など他の先進国市場との金利差が引き続きサポート要因
  • 中国債券は、先進国国債との相関が低いことに加え、人民元の安定性が高まっていることを背景に、債券ポートフォリオにおける重要性が高まっている
  • 新興国債券は、コモディティ価格の上昇で多くの国や通貨が恩恵を受けるとの見通しから、引き続き高い利回りの源泉となる

世界中で超低金利が続くなか、多くの国では財政刺激策がピークを迎えつつあり、主要国の金融緩和は縮小に向かう可能性が高まっています。こうした環境下におけるグローバル債券市場について、キャピタル・グループのグローバル債券のポートフォリオ・マネジャー、アンドリュー・コーマックは、5つの着眼点を示しました。



アンドリュー・コーマック 債券ポートフォリオ・マネ ジャー。経験年数18 年。入社以前は、ウエスタン・アセット・マネジメントに勤務。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで保険数理学の学士号を取得。Investment Management Certificate 資格保有。