Categories
機関投資家の皆様へ
今後10 年の10 の投資テーマ
ブラッド・ バレット
株式アナリスト
シェリル・ フランク
株式ポートフォリオ・マネジャー
クリストファー・ トムセン
株式ポートフォリオ・マネジャー

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏はかつて、「私たちはいつも、今後 2 年で起こる変化を過大評価し、今後 10 年で起こる変化を過小評価してしまう」と述べています。


ここでは、2030 年までの 10 年における投資環境の変化を考察します。将来を形成する投資テーマについて、弊社グループの 3 人の運用担当者の見解をご紹介します。


 



ブラッド・バレット リサーチ・ディレクター。株式アナリストとして、米国のメディア、ケーブル/衛星放送、インターネット広告企業および通信サービス企業の調査を担当。経験年数20年。クレアモント・マッケナ大学で経済学の学士号を取得。

シェリル・フランク 株式ポートフォリオ・マネジャー。アナリストとしても、ヘルスケアセクターおよび薬品小売業の調査を担当。それ以前は、米国および欧州のソフトウェア企業も担当。経験年数22年。入社以前は、J.P.モルガンにおいて債券デリバティブのマーケティング・アソシエイツとして勤務。スタンフォード大学経営大学院でグローバル経営および公共管理のMBA、ハーバード大学で環境科学および公共政策学の学士号を取得。

クリストファー・トムセン 株式ポートフォリオ・マネジャー。経験年数23年。現職以前はアナリストとして、欧州とアジアのメディア企業、香港の公益・不動産会社、コングロマリット、香港及びフィリピンを本籍とする小型株の調査を担当。入社以前は、シティグループで企業向け融資のアナリストとして勤務。コロンビア大学でMBA を、ジョージタウン大学で国際関係学の学士号を取得。